乾燥肌 油分 蓋

空気が乾燥する季節になると肌がカサカサしてしまう、乾燥肌。肌の油分が足りない!と、クリームや美容液でせっせと油分を補給していませんか?

実は・・・そのやり方、間違っています!

乾燥肌油分をすることは、乾燥肌を改善するどころか肌の力を衰えさせることだったのです。

それは一体、どういうことでしょうか?

乾燥肌の定義とは?

まず、乾燥肌とはどういう状態なのかをご説明します。

角質層がどれくらいの水分を保持できているのか、ということでわかります。

  • 水分量が30%以上=健康な肌
  • 水分量が30%以下=乾燥肌
  • 水分量が15%より下回る=ツッパリを感じるほどの乾燥肌。

になります。

化粧品専門店などで肌の水分量・油分量を無料でチェックしてくれますから、自分の肌の水分量を知りたいなら利用してみてください。

私って乾燥肌?肌タイプの見分け方とは?
乾燥肌と混合肌の違いって何?
乾燥肌とアトピーって何が違うの?

肌に水分を保持するために大切なこと

以前は、肌に与えた水分が逃げてしまうのを防ぐために油分で蓋をしましょう、という考えがありました。ですが、最近の研究では肌の内側の水分を引き止める「角質細胞間脂質」を増やすことが大切、という考えに変わってきています。

肌の表面に油分で蓋をするのではなく、肌内部の「水を保持する力」をアップしましょう、という考え方です。

肌の外から吸収力の良い化粧品で水分を補っても、肌自身が「水分を保持する力」がなければ、与えた水分はまたすぐに失われてしまいます。

肌の水分保持力を上げるために重要なのは、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • アミノ酸
  • 尿素

などの保湿成分です。

中でも、アミノ酸や尿素は天然保湿因子(NMF)の一つで安全性も高く、子供やお年寄りでも安心して使うことが出来る成分です。セラミドより保湿力は衰えますが、毎日ケアするなら十分に力を発揮してくれます。

また、意外と見落としがちなのが「肌の水分量と油分量のバランスを保つこと」です。

油分が多くなりすぎると、ニキビなどの肌トラブルの原因になりますし、水分が多いだけでも肌の水分量をキープできなくなり乾燥肌の原因となってしまいます。

化粧水・乳液をつけても潤いを感じない場合は、「2度つけ」を行いましょう。

化粧水をつけた後、10分くらい経ったら2度目の化粧水をつけます。
その後、乳液や美容液で油分を補給して、手のひらで乾燥が気になる部分を優しく包み込みます。

ハンドパックによる手のぬくもりで、水分・油分をしっかりと肌に馴染ませることができます。

シンプルかつ簡単な方法ですが、肌に違いが出ます。