ウール

空気が乾燥する時期になると、肌にかゆみが出る・・・そのような方は、乾燥肌である可能性が高いですね。

そのような状態になった時には、普段あまり気にしない「衣類」を見直すと症状が改善するかもしれません。

一体、どういうことなのでしょうか。
乾燥肌ウールの関係性に関してお話します。

肌との摩擦が衣類見直しの大きなポイント

肌は乾燥すると、表面が滑らかではなくなります。そのようなガサついた肌に摩擦力の大きな衣類が接すると、引っかかってしまうことになります。

また、ガサつく前の刺激に敏感になっている状態の肌に、衣類がゴシゴシと擦れてしまうと、肌の荒れがひどくなり、乾燥状態も進んでしまう可能性が大きくなります。

そういった点を考えると、ウールや化学繊維の衣類は、肌に直接触れる部分には使わない方が良いと言えるでしょう。素材がウールや化学繊維ではなくても、手触り・肌触りが悪いものや静電気のおきやすいものは肌への負担が大きくなりますので、避けた方が良いです。

冬はコートやマフラーにウール素材が多く使われます。また保温性が高い化学繊維もありますが、乾燥肌をひどくしないためには避けるべき素材です。

衣類を選ぶ際には表示に気をつけて選ぶようにしましょう。

乾燥肌でも安心して身につけられる素材は?

肌に直接触れる部分がコットンシルク素材など天然の素材で出来ている衣類が、肌への刺激が少なくてオススメです。衣類を選ぶ際には素材の確認をするようにしましょう。

それでも敏感な肌の場合は「縫い目」や「タグ」が肌に触れると、かゆみを感じることがあります。縫い目などが少ないものを選んだり、タグは外したり、と工夫をする必要があります。

また、気をつけたいのは素材が天然のものであっても、衣類に風合いや光沢などを出すために化学薬品を使っている場合があります。購入した衣類は、一度洗濯をしてから着用するようにしましょう。

意外と見落としがちなのは、ゴムやホックなどで締め付けられている部分です。締め付けていると肌との摩擦が大きくなりますので、少しゆるめにするようにしましょう。

寝具も見直しを

昼間に着用するものだけでなく、シーツや枕カバー、パジャマも肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

寝ている間は体温が上がり、かゆみを強く感じてしまいます。ジャージやスウェットは楽ですが、やはり素材にこだわったパジャマ・寝具を使うことをオススメします。

衣類の洗濯にも一工夫を

衣類を柔らかく、肌触りをよくするためには柔軟剤が有効です。衣類と肌の摩擦が軽減できるので、使ってみてください。ただし、柔軟剤も肌に優しい成分のものを選ぶ必要があります。

最近、香りが長く続くような柔軟剤が発売されていますが、化学的な物質が入っていると、肌には優しくありません。肌の弱い方用・アトピーの方用など柔軟剤も肌に優しいものが売られていますので、チェックしてみてください。