腸内環境

便秘に悩まれている方の多くが、便秘と同時に肌荒れにも悩んでいるという話を聞いたことがありませんか?腸内の悪玉菌が増加して、腸の動きが悪くなり便秘になるのですが、その影響が肌へと出ているというメカニズムです。

このことから、肌は腸内の環境と密接なかかわりを持っていることが分かります。

では、乾燥肌に悩む人が腸内の環境を整えるとどうなるのでしょうか?腸内と肌の関係について、調べてみました。

腸内細菌の役割

私達の腸内には約300種類・100兆個もの腸内細菌が住み着いているそうです。よく言われる「善玉菌」と「悪玉菌」はもちろんですが、中間的な立場の「日和見菌」というのが圧倒的に多く存在します。

この「日和見菌」は周りに合わせて善玉・悪玉の役割をするため、善玉菌が多い環境にいると善玉菌、悪玉菌が多い環境だと悪玉菌となってしまいます。

腸内にいる善玉菌は、

  • 体内の余分なコレステロールを別のものに変え、吸収を減らして体外に排出する
  • 食べ物の消化・呼吸などの生命活動を支える「酵素」のはたらきを促進する
  • 腸内で消化しきれないものを分解して消化を助ける
  • 腸内細菌のバランスの安定をする
  • 体内に入ってきた薬物を別のものに変え、体が使いやすいようにする
  • ステロイドホルモン・ビタミンB群などを合成・産生する
  • 発がん性物質の分解、無毒化をする
  • 病原菌の増殖を防ぎ、腸の運動を活発化させ消化を助ける

というような働きを行なっています。

悪玉菌が増えると、上記のような善玉菌の働きが阻害されます。また腸内でガスや硫化水素などの有害物質を作り出してしまいます。

悪玉菌によって作られた有害物質は腸から体内に吸収されると、血液と共に全身を巡ることになります。そういった状態が続くと皮膚が敏感になったり、免疫系にも悪影響を及ぼし、、肌の状態が悪化してしまいます。

腸内環境を整えるために

腸内環境を整えるということは、善玉菌を増やすということです。一体、どうすれば良いのでしょうか。

  • 食物繊維を多く摂っている人の腸内には善玉菌が多いと言われています
  • 甘いものや刺激物は腸内の善玉菌を破壊してしまいます
  • ビフィズス菌が腸内に増えると、美肌効果の高いビタミンB群を産生してくれます。合わせて、ビフィズス菌はカルシウムやマグネシウムなどの吸収を促進してくれます。

食べ物だけでなく、ストレス・運動不足・便秘などで腸内の悪玉菌が活発化することも分かっています。

乾燥肌を根本から改善するためにも、腸内環境を見直してみましょう。