ツボ押し

肩こりや腰痛、冷え性・胃腸の不調などにも効果が見られるといわれる「ツボ押し」。乾燥肌にも効果のあるツボがあることが分かりました。

ツボ押しで乾燥肌に効果があるとは、どういうことなのでしょうか。

そもそもツボって何?

ツボというのは漢方医学などの考えでは「経穴」と呼ばれています。

体内の異常が体の特定の部位(ツボ)に現れ、そこを刺激することによって体の症状を緩和させるものです。

ツボは「気と血」の通り道とされており、内臓と深いかかわりがあると考えられています。ツボを刺激することで内臓への働きかけが出来るようになり、体の表面から内部を整える役割があります。

乾燥肌に効果のあるツボとは?

ツボを刺激することで内臓の動きを活発にしたり、血流を良くすることで肌へも良い影響が出ます。どのようなツボが乾燥肌に効果があるのでしょうか。

肌の潤い力をアップするツボ

1)尺沢(しゃくたく):全身の水分循環の働きを高めるツボ。肌だけでなく肺や喉など全身が潤います。

場所:腕を軽く折り曲げた時に出来る、ひじの内側のシワの外側から1/3のところにあるくぼみ。

押し方:指を3本当てて、皮膚を動かすように5回程度押す。左右共にするのが効果的。

2)血海(けっかい):血液の流れをスムーズにしてくれるツボ。肌のかゆみや赤みなどのトラブル・婦人系の疾患にも効果的です。

場所:ヒザのお皿の内側にある骨の角から指3本分上。

押し方:つぼに中指が当たるように指を3本置き、皮膚が軽く引っ張られる程度に5回ほど押す。左右共に行なう。

血流を良くするツボ

これから紹介する3つのツボは血流を良くするツボです。新陳代謝がよくなることでむくみや美肌に効果があります。

足を温めて、力を入れすぎないように行なうのがポイントです。入浴後、寝る前などに刺激するのがオススメです。

1)三陰交(さんいんこう)

場所:足首、内くるぶしの一番高いところから膝に向かって指4本分上の部分。

2)湧泉(ゆうせん)

場所:足の裏の中央から少し上のへこんだ部分。

3)曲鬢(きょくびん)

場所:こめかみと耳の上を結んだ線上の真ん中の部分。

他にもいろいろな効果が期待できるツボが体にはたくさんあります。新陳代謝を促進するツボなども乾燥肌の改善には効果が期待できます。

道具や特殊な技術は不要ですから、まずは気になるツボを刺激してみることから始められてみてはいかがでしょうか。

お灸を取り扱っている会社のHPなどでも、ツボの情報を知ることが出来ますので、場所がイマイチ分からない方は確かめてから行なってください。