糖尿病

手足や体にかゆみがあると、湿疹や虫さされ・乾燥肌を疑いますよね。ですが、そのかゆみの原因が乾燥肌とは別の大きな病気である場合もあるようです。

その病気とは・・・「糖尿病」です。

なぜ糖尿病になると肌にかゆみが出るのでしょうか。

糖尿病になると体が脱水状態になりやすくなる

糖尿病にかかると、血糖値が不安定な状態になります。

低血糖を気にするあまり血糖値を高い状態でキープしていると、体が過剰にブドウ糖を排出しようとし、多くの尿を作ってしまいます。そして、体内の水分が多めに排出されてしまうことが原因で、体内の水分量が減るのです。

体内の水分量が減ると、皮膚に栄養を届けるための血液もドロドロになり体の隅々まで栄養を届けることができなくなってしまいます。すると皮膚の水分量も減り、乾燥肌になるのです。

また、糖尿病の自律神経障害によって汗腺の活動が低下することも分かっています。汗腺が正常に活動をしていないと、汗をかかなくなりますから、肌の水分量が減ってしまうのです。

糖尿病による乾燥肌は感染症にも注意が必要

糖尿病で高血糖の状態が続くと、免疫力が低下してしまい細菌などに感染しやすくなってしまいます。

かゆい肌をつい掻いてしまって傷を作ると、その傷口から感染症にかかる危険性が高まります。また、糖尿病が悪化して感覚神経に障害が出ていると、傷の痛みに鈍感になってしまいます。すると、対処が遅れて傷がさらに悪化したり、壊疽を起こしてしまったりします。

糖尿病による乾燥肌の対処方法

自分が糖尿病であることを自覚しているなら、肌に対しても正しい対処方法を知っておきましょう。

皮膚を清潔に、湿気を残さない

皮膚同士が触れる機会の多い、脇の下・股下などはベビーパウダーなどを利用して湿気が溜まらないように気をつけましょう。湿気が残っていると真菌による汗腺が起きやすくなってしまいます。

熱いお風呂・シャワーを避ける

熱めのお湯やシャワーは、それだけで皮膚表面の皮脂を洗い流してしまいます。皮脂は肌にとっては大切なバリア機能を持っています。乾燥肌用の石鹸を使い、入浴後は保湿をすることを忘れないようにしましょう。

ただし、足の指の間は水虫菌のつく原因となるので保湿しないようにしてください。

乾燥肌の正しい身体の洗い方!体にやさしい洗い方を!
乾燥肌の朝の洗顔方法!気をつけたいポイントは?
乾燥肌・敏感肌のための正しいクレンジング方法

傷の治療をこまめに行なう

糖尿病にかかると代謝力が衰えます。小さな傷でも今まで以上に治るまでに時間がかかります。できれば、傷は作らないようにしたいものです。

出来てしまった傷は、しっかりと治療をしましょう。また、気になる傷ができた場合は皮膚科などに行き、治すようにしましょう。