乾燥肌 鶏肉

とあるテレビ番組に出演していた「肉ドクター」こと渡辺信幸先生が、「乾燥肌の時は鶏肉がオススメ」とコメントされていたことが話題になっています。

乾燥肌鶏肉」は効果があるのでしょうか?

鶏肉の皮にはコラーゲンがたっぷり

既に多くの方がご存知かと思いますが・・・鶏肉の皮にはコラーゲンがたっぷり含まれていますよね。筑前煮などを作って、しっかり炊いたものを冷ますと、煮汁がにこごりになります。あの「プルプル」が鶏肉の皮から抽出されたコラーゲンです。

コラーゲンは肌の土台となっている真皮のうち約70%を占めていて、ハリや弾力を保つ役割を持っています。

加齢と共に衰えてしまう肌のコラーゲン生成能力を助けるためにも、鶏肉の皮から摂れるコラーゲンでしっかりと補充をしておきたいですね。

鶏肉に含まれるビタミンAは豚肉の約7倍

意外と知られていなかったのが、鶏肉には豚肉の約7倍ものビタミンAが含まれているということです。ビタミンAには、ヒアルロン酸を増やしてくれる役割があります。

ヒアルロン酸は化粧品にもよく使われていますが、水分を保持する力を持っています。肌にヒアルロン酸が増えると、肌に保持できる水分の量が増えるということですね。

ビタミンAが豊富に含まれている鶏肉を食べることで、体内のヒアルロン酸量が増え、乾燥肌に効果が期待できるということです。

鶏肉のたんぱく質が血管を強くする

さらに鶏肉には嬉しい作用があります。それは鶏肉に含まれているたんぱく質が血管を強くしてくれるということです。

血管がしっかりしていると、体の隅々まで血液や栄養分が行き渡ります。コラーゲンやビタミンAが毛細血管を通じて肌に届くことで、乾燥肌の改善ができるのです。

乾燥肌に効果がある食べ物まとめ

乾燥肌にオススメの鶏肉料理は?

「鶏肉は平気だけど、鶏の皮は苦手」という方がいらっしゃるかもしれません。でも、ビタミンAもコラーゲンも摂取したいなら、両方食べた方が良いことは分かりましたよね?

ですから、鶏の皮があまり気にならずに食べられる料理をご紹介します。

・フライドチキン

ビタミンAを効果的に吸収するためには、ビタミンAと一緒に油を摂取するのがポイントです。油で調理したフライドチキンなら、衣と一緒に皮もサクっと食べられますし、ビタミンAの吸収もアップして、一石二鳥です。

・チキン南蛮

フライドチキンと同様に、油で調理されているチキン南蛮。タルタルソースに使われる卵にもビタミンAがあるので、鶏肉とWの効果が期待できます。

チキン南蛮は乾燥肌の対策だけでなく、風邪の時にも免疫力が高まると言う点でオススメです。