手 乾燥肌

毎日欠かせない水仕事をする主婦にとって、乾燥によるヒビ・アカギレはツライものですね。

春から夏は大丈夫でも、秋から冬は特に症状がひどくなる方も多いようです。

乾燥肌をケアするためにはRもオススメですよ。

ヒビとアカギレの違いは何?症状の原因は?

肌の表面にある皮脂は肌にとっては大切なバリア機能があります。冬場、温かいお湯を使って洗い物をすると、お湯で皮脂が洗い流されてしまいます。洗い物の際に使う洗剤も、皮脂を落としてしまう原因の一つです。

バリア機能となる皮脂を失ってしまった肌は乾燥状態となり、カサついてしまうことになります。

冷たいのを我慢して、冬でも水で洗い物をするという方もいるかもしれません。それはそれで、指先の血行が悪くなり肌に十分な栄養や水分が届かなくなってしまいます。

それが原因でヒビ・アカギレが起きやすくなってしまうのです。

乾燥した肌の表面で、表皮が割れてしまった状態を「ヒビ」といいます。「ヒビ」がひどくなり真皮まで傷が達してしまうと「アカギレ」になります。

アカギレになってしまうと、痛みやかゆみが出ますし血が出たりして見た目にも憂鬱になります。

症状がそこまで進行する前に、何とか対策をしたいですよね。

手指を乾燥から守るために 予防&対処法

寒い時期にヒビ・アカギレの症状に悩まされる人は、日頃から予防しておくことが効果的です。

  • 洗い物をする時にはゴム手袋を使う
    (ゴム手袋が使えない場合は、刺激の少ない洗剤を薄めて使うようにする)
  • ハンドクリームをこまめに塗る
  • 洗い物をする時にはぬるま湯を使う
  • 外出時にも手袋をして保護する

これだけ気をつけていても、やはりひび割れが出来てしまうこともあります。症状がひどくならないように、ケアしましょう。

  • 尿素やグリセリンなどの保湿成分を含むハンドクリームを使う
  • 水仕事の後は柔らかい布で水分をふき取り、ハンドクリームを塗る

手荒れが気になっていても、水仕事をやめるわけにもいきません。症状が悪化してしまったら、寝ている間にできるケアでしっとりした手を取り戻しましょう。

  • 寝る前にハンドクリームを塗る
  • 100%綿素材もしくはシルクの手袋をする

たったこれだけです。

ハンドケア用の保湿手袋なども販売されていますが、手袋の素材にさえ気をつけていれば「ハンドクリーム+手袋」でも、効果は十分に得ることが出来ます。

手指の乾燥を放っておくと、アトピー性皮膚炎になるという可能性もあります。肌のバリア機能が衰えてしまわないように、日々のケアが大切です。