乾燥肌 石鹸

ちょっとした刺激にも過敏になってしまう敏感肌や乾燥肌。洗顔料はもちろん、ボディソープを選ぶのにも十分気をつけたいものです。そんな中、「石鹸が良い」という話が聞かれるようになりました。

乾燥肌や敏感肌の場合、どのような観点から石鹸を選べばよいのでしょうか。

肌質に合った石鹸の選び方

洗顔料にも洗顔フォームや泡タイプ、ボディソープにも色々な種類があります。ですが、それらのものよりも「石鹸」の方が肌への刺激が少ないと言われています。

とはいえ、石鹸にも色々な成分が使われていますからよく確認してから選場なければなりません。

私って乾燥肌?肌タイプの見分け方とは?

成分で選ぶ

石鹸に含まれている成分の中で、肌への刺激となる成分を知っておきましょう。それらを使っていない石鹸を選ぶことで肌への負担が少ない石鹸が選べるようになります。

気をつけたい成分

  • 石油系界面活性剤
  • 防腐剤
  • 香料
  • 着色料

合成物質を全く使わない「純石鹸」というものもありますが、こちらは石鹸の素地が98%、残りの2%が油脂という配合になっています。乾燥肌・敏感肌の方にとっては、刺激は少ないものの保湿成分も入っていないため、乾燥が悪化してしまう恐れがあります。

天然オイルや保湿成分の入っている石鹸を選ぶようにしましょう。

洗浄力で選ぶ

肌にとって一番の刺激は「ゴシゴシと擦ること」です。できるだけ優しく、素早く汚れを落とすためにはしっかりと泡立てることができ、適度な洗浄力をもった石鹸がオススメです。

洗浄力が強すぎると、本来ならば肌に残しておきたい油分まで洗い流してしまいます。自力で皮脂の分泌がなかなか出来ない乾燥肌の方にとって必要な油分まで落としてしまいますので、気をつけたいポイントです。

泡立ちは、肌と指の間に泡が入り指が直接肌をこすらない状態になるのが目標です。

乾燥肌・敏感肌のための正しいクレンジング方法
乾燥肌の朝の洗顔方法!気をつけたいポイントは?

価格で選ぶ

高い石鹸を買ったから肌に良い、安い石鹸は効果がないというのは間違いです。値段の高い石鹸でも、使うと乾燥肌や敏感肌に合わないというものもあります。

値段だけで商品を評価するのではなく、実際の使い心地・その後の肌の具合をよく観察して自分に合った石鹸を選ぶようにしましょう。

入浴時の注意点

せっかく乾燥肌・敏感肌に適した石鹸を使っていても、熱いシャワーを浴びたり熱めのお湯が入った湯船に浸かってしまっていては意味がなくなります。それは、熱いお湯によって肌の油分が失われてしまうから、です。

必要な皮脂まで落としてしまわないためには、洗顔時には32~35℃程度のぬるま湯を使うこと。湯船に浸かる場合も、38~40℃程度の温度設定にするようにしましょう。

乾燥肌の正しい身体の洗い方!体にやさしい洗い方を!
乾燥肌におすすめの入浴剤とは?保湿成分が重要!