乾燥肌 サランラップ

乾燥肌の対策用として色々なパック用品が販売されています。それには「顔用」「ひじ・ひざ用」「かかと用」とパーツ別に分かれた表示がされています。

カサカサやかゆみが軽減できるなら仕方ない、と利用している方もいるかもしれませんが、もっと簡単&経済的にケアできると嬉しいと思いませんか?

そんな方にオススメなのが「サランラップ」を使ったパックです。

サランラップでパックはどうやるの?

サランラップは水分を通さない性質を持っています。その性質を利用して「肌の水分を逃がさず閉じ込める」方法と、「クリームなどの保湿成分を浸透させる」方法があります。

パーツ別にやり方をお教えします。

ボディケア編

乾燥の範囲が広くなりがちなボディケアには、「保湿成分を浸透させる」方法を利用します。

【用意するもの】

  • サランラップ
  • 保湿クリームやハンドクリーム

【パックのやり方】

1)ひじ・かかとなど乾燥が気になる部分に、クリームを多めに塗る
2)クリームを塗った部分にラップを貼り、5分ほど置く

たった、これだけです。
ラップを取ったらクリームは肌にすりこんでもよし、余計は油分はふき取ってもよし、です。

フェイスケア編

顔のケアでは、「肌の水分を逃さず閉じ込める」方法と「保湿成分を浸透させる」方法の両方が利用できます。

肌の水分を逃がさず閉じ込める方法

【用意するもの】

  • サランラップ

【パックのやり方】

1)入浴後の顔に、化粧水などをつける前に顔にラップを貼る
2)そのまま5分ほど置く

※ラップは鼻から上半分、鼻から下半分と鼻を境に2枚貼るようにしましょう。大きな一枚では、呼吸ができなくなります。

この方法は、入浴後に肌の表面から蒸発してしまう水分を逃がさないようにする方法です。夏場など汗を大量にかく季節にはオススメできませんが、秋から冬のお風呂上りにはオススメです。

保湿成分を浸透させる方法

【用意するもの】

  • サランラップ
  • フェイスパックや化粧水をしみ込ませたコットン

【パックのやり方】

1)フェイスパックや化粧水をしみ込ませたコットンを顔に乗せる
2)パックやコットンの上から、ラップを乗せる
3)そのまま10~15分置く

※鼻の部分を覆わないように、2枚のラップを鼻を境に上下に乗せましょう。

ボディケアと同じように、パックの成分をしっかりと肌に閉じ込めてくれます。

リップケア編

乾燥のひどい時期には唇も荒れてしまいます。そんな時にもラップパックは効果を発揮してくれます。

【用意するもの】

  • サランラップ
  • リップクリーム、または白色ワセリンとハチミツを1:1で混ぜたもの

【パックのやり方】

1)リップクリーム、または白色ワセリンとハチミツを1:1で混ぜたものを唇に塗る(リップクリームは横に滑らさず、縦に塗ると良い)
2)その上から小さく切ったサランラップを唇に乗せる
3)そのまま10分程度置く

パック前まではガサついていた唇も、かなり改善することに驚かれると思います。是非、一度お試しください。