QuSomeローション

エイジングケアは女性であれば誰もが一度は興味を持つのではないでしょうか?今よりも少しでも見た目年齢が若返れば、嬉しいですよね。

そんな願いを叶えてくれるのがビーグレンが発売している「QuSomeローション(10-YBローション)」です。一体、どのような成分で若返りを実現してくれるのでしょうか?

実際に使われている方々の感想口コミ評判と合わせて商品の特徴にも迫りたいと思います!

ビーグレン「QuSomeローション(10-YBローション)」の特徴は?

10-YBローションというのは、ちょっと変わった名前だなぁ・・・と思いませんか?

研究過程の番号が振られているの?と思いがちですが、なんと「10years back」の略なのだそうです。そう、商品に「10歳若返る」という名前をつけてしまっているんです。これは、メーカー側の自信があふれている証拠なのでしょうか。期待値が高まりますね。

使用することで肌が10歳若返る、と自信を持っているのにはいくつかの特徴があります。

ビーグレン「QuSomeローション(10-YBローション)」の成分

QuSomeローション(10-YBローション)には、ペプチドが配合されていますが、その種類がなんと4種類もあります。

・クロノライン(カプロオイルテトラペプチド-3)

肌の土台を整える役割のあるペプチドです。表皮と真皮の間にある「基底膜」を保護しています。

・FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

皮膚の中の細胞を成長させてくれるペプチドで、特にコラーゲン・エラスチンの生成促進によく働きます。そのため、シワ対策に効果があり、肌にハリが戻ってきます。

・EDP3(EGF様成分、オリゴペプチド-24)

EGFという肌が本来持っている、新しい細胞の誕生を促進させる成分と同じはたらきをします。加齢とともに減ってしまうEGFを表皮に分泌するようにはたらきます。肌のターンオーバーがスムーズに進むようにサポートをしています。

・IGF2(トポリペプチド-31)

新しい皮膚細胞を作り出すためにコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を増やしてくれます。そのことで、シワの予防・解消に効果が得られます。

上記4種類のペプチドに加えて、保湿効果の高いホメオシールドという成分も配合されています。

ビーグレン「QuSomeローション(10-YBローション)」の効果

10-YBローションは、シワ・タルミ・毛穴・乾燥・ハリに効果があります。保湿効果も高いため、乾燥肌の方に愛用されています。少しとろみのあるテクスチャーで肌の上での伸びも良く、肌なじみが早いのが特徴です。

実際の利用者による感想・口コミは?

では、実際にQuSomeローション(10-YBローション)を使用した方はどのような感想を持っているのでしょうか。

  • 使ってすぐはサラっとしますが、時間が経つとしっとりします。乾燥が気になる時には2度づけしますが、それ以外の時は1度で充分です。
  • 肌への浸透力がスゴイ!と思いました。肌に吸い込まれていくような感覚でした。とろみがありますが、しっかりと肌の奥に入っている感じがしました。
  • とろみのあるテクスチャーですが、ベタつきはありません。使用後は、肌がプルプルの手触りになりまりた!超乾燥肌の母にもすすめましたが、気に入ってくれてリピートしています。