塗り薬

乾燥肌も症状が軽いうちはカサカサなどをとめる、保湿剤で治まることがありますが、悪化してしまうと炎症を起こしたり強いかゆみが起きてしまったりします。

そんな時、使える塗り薬などはあるのでしょうか?

強い炎症とかゆみを抑えるならステロイド剤の塗り薬

ステロイド剤には強い副作用がある、という話を聞いたことがあるかもしれません。そんな話を聞くと、どうしてもステロイド剤は避けたくなります。ですが、強いかゆみや炎症がある場合は、その症状を治めるためにもステロイド剤を使った方が早く改善するという利点があります。

ひどいかゆみ・炎症をステロイド剤で素早く抑えて、その後副作用の少ない薬に変えることでかゆみや炎症によるストレスも軽減することが出来ることを覚えておきましょう。

ステロイド剤も、その強さで段階が分かれています。皮膚科に相談することで、自分の症状に合った強さの薬をもらえますので、怖がらずに利用することが大切です。

乾燥肌は皮膚科に行った方がいい?皮膚科での治療法は?

皮膚科で処方される塗り薬

・リンデロンvg軟膏

ステロイド剤の一種で、5段階の強さのうち「3」になる塗り薬です。腫れ・かゆみという症状を抑えるために処方されます。

・ヒルドイド

ローション・クリーム・軟膏のタイプがあり、使い心地によって選べます。ヘパリン類似物質を配合しており、保湿力の高い塗り薬です。

・ワセリン

ひどい乾燥肌や肌荒れに使える保湿剤です。酸化しにくく、やけどや赤ちゃんの肌にも使うことができるので、安全です。価格も安く、気軽に使えるのも嬉しいですね。

白色ワセリンはドラックストアでも購入することができます。

・タクロリムス外用薬

ステロイド剤とは違ったアプローチで炎症を抑えてくれる塗り薬です。中程度のアトピー性皮膚炎で処方されることがあります。

ドラッグストア・薬局で購入できるかゆみ止め

・オロナインH軟膏

ステロイド剤は入っておらず、ヤケドなどの対処にも使えるオロナインH軟膏。家庭に常備しておける手軽さも良いですね。殺菌作用・保湿作用・炎症を抑える効果があります。

・ラナケイン

小林製薬から販売されている塗り薬で、ステロイドは入っていません。カサカサした初期の乾燥状態にオススメです。

・メンソレータムADクリーム

ロート製薬から販売されているクリームタイプの塗り薬です。化粧水にも使われているグリセリンという保湿剤が配合されているので、カサカサ肌に効果があります。

また、クロタミトン・リドカイン・ジフェンヒドラミンというかゆみ止め成分が3つも入っており、しつこいかゆみにも効果が期待できます。

乾燥肌には塗り薬もいいですが、乾燥肌用の化粧水を利用するだけでも大きく改善できるケースが多いです。スキンケアを見なおしてみてはいかがですか?

乾燥肌に効く保湿クリームの選び方
乾燥肌に効く飲み薬、市販薬って何がある?
乾燥肌におすすめの漢方とは?