乾燥肌 飲み薬

乾燥肌に悩む多くの人が抑えたいのが「かゆみ」ではないでしょうか。一般的に皮膚科などで処方されるのが塗り薬だと思いますが、乾燥肌を「内側から」ケアするには「飲み薬」も効果的です。

一般的な薬局やドラッグストアで購入することが出来る市販薬の中で、乾燥肌に効果のある飲み薬はあるのでしょうか?

体の内側から乾燥肌をケアできる市販の飲み薬は?

乾燥肌をケアできる市販の薬は、塗り薬だけではありません。乾燥肌の対策として食事を見直したりすることも方法の一つですから、飲み薬でも改善を期待することが出来ます。

どのような商品に、どのような効果が期待できるのでしょうか。

・スラジン(佐藤製薬)

マレイン酸クロルフェニラミン(抗ヒスタミン作用)、dl-塩酸メチルエフェドリン(血管収縮作用)、いんちんこう湯乾燥エキス(じんましんに効果的)を配合した抗アレルギー薬です。

・アレルギール(第一三共ヘルスケア)

クロルフェニラミンマレイン塩酸(抗ヒスタミン剤)の働きで、皮膚のかゆみや湿疹に効果があります。花粉などが原因で起きるアレルギー性鼻炎の鼻水・鼻づまりにも効きます。ビタミンB6も配合されており、皮膚や粘膜の健康を保ちます。

・レスタミンコーワ(興和)

体の中に起こったアレルギー反応を改善し、じんましん・湿疹などのアレルギー性疾患を治します。

・タウロミン(興和)

皮膚の炎症・鼻炎に有効な生薬とカルシウム・ビタミン・アミノ酸などが配合されています。

・ネオ小町(摩耶堂製薬)

ニキビ・吹き出物・肌荒れなどの肌トラブルの改善に効果があります。肌に良いビタミン類(B2・B6・Cなど)が配合されています。

・十味敗毒湯シンワ(伸和製薬)

化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期症状・じんましん・急性湿疹などに効果のある漢方薬です。

乾燥肌におすすめの漢方とは?

乾燥肌の原因には様々なものがあります。自分にとってどの飲み薬が合っているのか分からない方は、薬局などにいる薬剤師さんに相談をしてみましょう。

既に飲んでいる薬との相性などもありますから、乾燥肌・肌荒れを悪化させないためにも相談することが大切です。

それと、ここで紹介した飲み薬は、すぐに乾燥肌に効果が表れるというものではありません。飲み薬を飲むとともに、今までと同じように日頃のケア・保湿を心がけることを忘れないようにしましょう。

また、血行を良くしたり、食事を見直すなども並行して行うことをオススメします。

その上で飲み薬を利用して、少しでも乾燥肌が改善すると良いですね。

乾燥肌に効く塗り薬!炎症を抑えるおすすめのかゆみ止めは?