乾燥肌 ニキビ

にきびの原因は皮脂の過剰分泌、と思われがちです。その考えでいくと、乾燥肌であればニキビとは無縁となりますが・・・実際には乾燥肌でもニキビに悩まされている方がたくさんいらっしゃいます。

乾燥肌なのに、なぜニキビが出来てしまうのでしょうか?その原因と対策に迫ります。

普通のニキビと乾燥ニキビはどう違う?

ニキビは毛穴に皮脂が詰まってしまうことでできます。

通常の肌〜脂性肌の人は、肌から分泌された皮脂が過剰気味になってしまい、毛穴に詰まってしまうことでニキビになります。

乾燥肌は皮脂が少ないことが原因で、皮脂膜が十分に作れなくなってしまいます。皮脂膜は天然のバリアとして肌から水分が逃げないようにしてくれていますが、そのバリアが出来ない分、肌の水分が蒸発していってしまいます。

水分が減ってしまった肌の角質は古く固くなってしまい、毛穴が段々と細く弱くなります。そんな状態の毛穴には少しの皮脂でも詰まってしまうようになります。そして、ニキビができてしまうのです。

乾燥ニキビの解決方法は?

先ほども述べたように、天然のバリアとして肌を守ってくれる皮脂膜がきちんと作れていないことが原因の乾燥ニキビ。肌表面の水分・皮脂のバランスを保って皮脂膜が作られるようになると改善できます。

化粧品からの保湿も大切ではありますが、自分自身できちんと皮脂膜が作られる肌になることが重要です。油分の多い化粧品などで肌を守っていると、肌は「自分が頑張らなくても守られている」と思い、皮脂を出さない肌になってしまいます。

自身の肌力をアップさせるためにも、角質層をしっかりと整えるスキンケアを行ないましょう。肌の栄養源となる糖類・多糖類・アミノ酸などの成分が豊富な化粧品でパックやローションによる保湿を行なうことをオススメします。

ニキビを軽減する洗顔方法

ニキビを気にするあまり、皮脂を取る力が強い洗顔料を使ったりしていませんか?皮脂を取りすぎると、肌は皮脂不足を感じ、新たな皮脂を分泌します。きちんと「水分と皮脂量のバランスを保つ」ことをメインに考えてケアするようにしましょう。

1)洗顔料の選び方

ニキビの原因の一つに細菌があります。皮脂をある程度残しつつ殺菌効果がある「しっとりタイプ」の洗顔料がオススメです。

2)やさしく洗う

皮脂を取りたいあまりゴシゴシと洗顔をすると、ニキビには悪影響を与えます。洗顔料はしっかりと泡立て、指と肌の間で泡がクッションになるようにやさしく洗いましょう。

洗顔・すすぎともに15秒〜20秒で済ますのが目安です。32〜35℃程度のぬるま湯で、しっかりとすすぐのがポイントです。

3)スキンケア

ニキビケア用のスキンケア用品を手に取り、人肌になるまで待ちます。手のひらに化粧水などを広げたら、顔全体を包み込むように優しく押さえて肌に浸透させましょう。

乾燥肌のニキビ対策にはオルビスの化粧品がいいかも