ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションをご存知ですか?

名前は聞いたことがあるけれど、実は良く知らない・使ってことがないという方に、ミネラルファンデーションの魅力についてお教えします。乾燥肌にも効果的です。

ミネラルファンデーションって何?

天然の鉱物から作られているので、一般的なファンデーションのように界面活性剤・シリコン・油剤などが使われていないのが特徴です。

ですから、化粧品で肌荒れが起きやすい方やニキビの出来やすい方などにオススメのファンデーションです。

油剤が入っていないので、ミネラルファンデーションはクレンジングではなく「石けんで落とすことが出来る」というのが最大の特徴になっています。

肌に大きな負担をかける行為が「クレンジング」なので、クレンジングをしなくてもよいという点では敏感肌・乾燥肌の方でも安心して使えるということになります。

肌への優しさから美容皮膚科でも使われているほどで、施術後の敏感になっている患者さんの肌に使われているのです。

ミネラルファンデーションに関するQ&A

いくら肌に良いと言われても、使い慣れたファンデーションを変えるのは勇気が要ります。ミネラルファンデーションに対する疑問をなくしてしまいましょう。

Q.オススメの肌タイプは?

混合肌・オイリー肌の方に多く使われているようですが、刺激物などが含まれていないのでアトピー・敏感肌・ニキビ肌でも使えます。

Q.日焼け止めは不要なの?

ミネラルファンデーションに使用されている酸化亜鉛・酸化チタンには紫外線を拡散させるはたらきがあります。

ですから、日常生活の紫外線なら日焼け止めなしで大丈夫です。長時間外にいなければならない場合は、日焼け止めが必要です。

Q.自分に合う色を選ぶポイントは?

ミネラルファンデーションを塗った後、パウダーが皮脂となじむ事で顔のトーンが1段暗く見えてしまいます。ですから、塗ってすぐの時には「少し白め」に見えるくらいの色がベストです。

店頭などで実際につけてみてから選ぶと良いですね。

乾燥を防ぐミネラルファンデーションの使い方

乾燥肌の方が使用すると「粉っぽくなる」と言われがちなミネラルファンデーション。

きちんとした使い方をすれば、乾燥感は感じずに使えます。

1)スキンケアで保湿をする

使うときには「乾いた肌」に乗せるのが原則です。肌が濡れていると、ファンデーションがムラになってしまいます。

ファンデーションを使う前には、しっかりたっぷり水分・油分を補ってあげましょう。そして、肌の表面が乾いてからファンデーションをのせていきます。

2)保湿成分の入ったファンデーションを選ぶ

ミネラルファンデーションでも、美容成分が配合されたもの・保湿成分が入っているものがあります。

なるべく保湿成分が入っているミネラルファンデーションを選びましょう。

3)ファンデーションは少しずつ重ねづけを

一度に多めのパウダーを肌に乗せると、ムラになったり肌が乾燥してしまったりします。

パウダーは少しずつブラシにとって、重ねづけをしましょう。