保湿クリーム

乾燥肌の方にとって、スキンケアは毎日の大切な日課ですよね。洗顔後の化粧水・乳液はもちろんですが、その成分をしっかりと肌に届けるために保湿クリームも重要な役割をしています。

乾燥肌の方にオススメの保湿クリームにはどのようなものがあるのか、調べてみました。

保湿クリームの役割

乾燥肌だから、という理由だけで化粧水・乳液・保湿クリームを順に重ねてしまっていませんか?一緒に使う化粧水・乳液の役割も考えつつ保湿クリームを選ぶ必要があります。

化粧水・乳液で保湿成分を補給している場合

化粧水・乳液にセラミドや天然保湿成分が入っているものを使っている場合は、肌に十分な保湿成分が補われていると考えられます。そうであれば、そこに保湿クリームを足す必要はありません。

油分の少ない乳液を使っている場合には、少量のクリームで油分を補いましょう。

化粧水・乳液で保湿成分が補給できていない場合

美白対策用の化粧水や乳液を使っている場合、肌に十分な保湿成分が補われているとは言えません。肌に水分を蓄える役割がある「細胞間脂質」の成分が含まれた保湿クリームを使用するようにしましょう。

細胞間脂質の成分って?

細胞間脂質は元々、人の肌にあり「水分を層の間に保持する」役割を持っています。その成分が多いほど、肌の乾燥を防ぐことが出来るのです。

  • セラミド:細胞間脂質のうち40%がセラミドです。保湿力が高く、ひどい乾燥肌には必須の成分です。
  • 水素添加大豆レシチン:大豆から抽出されたレシチンに水素を添加し、酸化防止の処理を行なったもの。
  • リピジュア:ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持つと言われている保湿成分。細胞膜のリン酸脂質「ホスファチジルコリン」を研究開発した保湿成分。

保湿クリームの選び方

近頃、よく見かけるようになった「セラミド」入りのクリームは保湿力が高くてオススメです。

・「ヒト型セラミド=バイオセラミド」が配合されている

人間の肌にあるセラミドと同じ構造を持つセラミドのため、保湿力が高く刺激が少なくなっています。

石油原料で化学合成された「擬似セラミド」や「植物性セラミド」もありますが、ヒト型セラミドより保湿力が劣るので気をつけましょう。

セラミドの配合量はできるだけ多いものがオススメです。安いものは配合量が少ない可能性がありますので、確認するようにしましょう。

乾燥肌に効く塗り薬!炎症を抑えるおすすめのかゆみ止めは?

乾燥肌で注意したいこと

乾燥肌のそもそもの原因は、肌の保湿力が衰えていることではなく、洗顔時の擦りすぎや洗いすぎにあります。洗顔方法の見直しを行なうことも大切です。

また、生活習慣や食事によっても肌の状態が変わります。保湿クリームに頼ってしまうのではなく、日々の生活から肌を変える努力も行ないましょう。