肌タイプ

最近、化粧品は肌のタイプによって使い分けるのが当たり前になっています。

もちろん、自分の肌タイプにあったものを使えば効果的なのですが・・・
実は「自分は乾燥肌」「私は脂性肌」と思い込んでいるだけで、実は違っていたということもあるのです。

肌タイプ別の化粧品を使っているのに効果がイマイチ、という方は今一度自分の肌タイプをしっかりと診断してみてはいかがでしょうか。

脂性肌・乾燥肌ってそもそも何?

言葉は良く見かけるけれど、ちゃんとしたことを分かっていない場合もあります。脂性肌・乾燥肌はどのようなものなのか、きちんと知っておきましょう。

1)脂性肌とは?

皮脂の分泌が過剰な状態。肌の「油分」が多い。

2)乾燥肌とは?

角質層の水分量が30%以下の状態。「水分」と「油分」のどちらか、または両方が不足している状態。

上記の条件を考えるなら、肌の表面は脂っぽいけれど肌の内側の水分は不足しているという状況もあり得ますね。

そういう方は「脂性肌であり乾燥肌でもある」ということになります。

最近、見かけるようになった「インナードライ肌」というのは、見た目は脂っぽいけれど内側が乾燥している肌であり、脂性肌と乾燥肌が共存している状態となっています。

肌タイプの見分け方

では、皮脂の量や水分の量でどのようは肌質になるのか、見ていきたいと思います。

1)脂性肌=皮脂量が多く、水分量も多い

肌全体がテカテカしており、脂分で光っている
肌のキメが粗く、毛穴が開いている
肌が汚れやすく、ニキビができやすい
化粧がすぐに崩れてしまう

2)普通肌(混合肌)=Tゾーンはやや皮脂量が多いものの、他の部分に関しては皮脂と水分のバランスがとれている

肌全体に適度な潤いがある
頬が少しだけ乾燥する
Tゾーン以外は少しカサつきがある
化粧はTゾーンが崩れやすい

乾燥肌と混合肌の違いって何?

3)乾燥肌=皮脂・水分とも少ない

肌がカサカサしてツヤがない
潤いがなく、肌荒れを起こしやすい
小じわができやすい
化粧下地をつけると、化粧のりが落ち着く

4)超乾燥肌=皮脂・水分とも非常に少なく、皮膚のバリアである保護膜が壊れている

肌がカサカサ&ザラザラしている
肌にいつもツッパリ感がある
頬・こめかみに白い粉をふく
化粧下地をつけても化粧のりが悪い

手っ取り早く自分の肌タイプを知りたい方は、夜の洗顔を終えた後にスキンケアを一切行わずに1晩寝てみてください。

起きた時の肌の状態で、すぐに肌タイプが分かります。

しっとり→普通肌
脂っぽい→脂性肌
カサカサ→乾燥肌

とはいえ、女性は生理周期や妊娠などで肌の状態が変わってきます。その時々に応じたスキンケアを行って、肌のゆらぎを最小限に抑えたいものです。

乾燥肌とアトピーって何が違うの?