ファンデーション

乾燥肌による肌荒れやニキビ跡、生まれながらのそばかすなどをなるべく隠したいと思っている方、多いと思います。女の子のソバカスは可愛い、と言う方もいますが、本人は気になりますよね。

そこで、どのようなファンデーションを選べばよいのか、をお伝えします。肌の状態に合わせたファンデーション選びがポイントです。

ファンデーションの種類と特徴

パウダーやリキッドなど、ファンデーションには色々な種類があります。何気なく使っているかもしれませんが、それぞれに特徴があり、目的に応じて使い分けるのがオススメです。

パウダリーファンデーション

粉末を固めたもので、さらっとした使い心地です。肌への負担が少ないですが、カバー力が低めです。

リキッドファンデーション

液状のもので、使い心地の軽いものから重いものまで色々とあります。保湿成分が入っているものが多いので、乾燥肌の方にもオススメです。カバー力が高めです。

クリームファンデーション

リキッドよりも重い使い心地で、仕上がりがしっとりした感じになります。カバー力は高めですが、厚塗りになりがちです。

ケーキファンデーション

スポンジを水で湿らせて使用します。水や汗に強く、化粧崩れしにくく長持ちします。

ルースファンデーション

粉状のものでナチュラルに仕上がりますが、カバー力は低めです。

上記の他にも、スティック・エマルジョン・2WAY・BBなどメーカーによって呼び方が変わったり形状が変わるファンデーションがあります。自分に合うと思うものを選びましょう。

また、ファンデーションには水性のものと油性のものがあります。水性のものは水に弱く、濡れると落ちてしまいます。油性のものは水分をはじきますし肌の水分も保ってくれますから、乾燥肌の方にはオススメです。

ファンデーションの塗り方

ファンデーションを塗る時、どのようにしていますか?特に何も考えずにスポンジで肌の上をなぞり、伸ばしたり塗ったりしていますよね。

実は、伸ばすよりも「叩き込む」というのが正解なのです。

ファンデーションを伸ばすと、どうしても肌に強い摩擦力がかかります。肌への負担を軽くするためにも、スポンジで取ったファンデーションを肌に叩き込むようにパッティングするようにしましょう。

この時、気をつけたいのが「清潔なスポンジを使うこと」です。こまめに洗うことなく使い続けているスポンジには雑菌が繁殖してしまいます。そのまま使うということは、雑菌を顔に広げていることになります。

そのような状態では、肌荒れの改善は見込めません。

100円ショップなどで、安く大量に売られているスポンジを購入し、毎日新しいものを使うか、こまめに洗って清潔なものを使うようにしましょう。

コンシーラーはファンデーションの後に使う

シミ・そばかすが気になる方にオススメなのがコンシーラーです。ファンデーションの前にコンシーラーを使う方もいらっしゃいますが、厚塗りになってしまうので、ファンデーションの後にコンシーラーを使うのがオススメです。

下地をしっかり塗り、ファンデーションを叩き込んだ後に、シミ・ニキビ跡・そばかすなどが気になる部分がある時にコンシーラーを使用するのがポイントです。

乾燥肌必見!ノーファンデメイクで潤いを!
乾燥肌にはミネラルファンデーションがおすすめ