エアコン

空気の乾燥する季節(秋~冬)が過ぎても、なかなか乾燥肌が改善しない、という方も多いかと思います。その原因は、意外なところにあるかもしれません。

今回はエアコン乾燥肌の話です。

エアコンが乾燥肌の原因に?

乾燥肌の原因は、冬の乾燥した空気だけではありません。電車内・職場で快適に過ごせるように稼動している、エアコンが季節を問わない乾燥肌の大きな原因となっているのです。

歩くと少し汗ばむような季節になると、通常、外気中の湿度は冬ほど低くなっていません。ですから、乾燥肌にはなりにくいはずです。

しかし、エアコンが稼動している室内には湿度の低い空気が流れています。それは、エアコンが外気を冷やす際に、空気中の湿度を奪ってしまうからです。

さらに、除湿機などが動いていると必要以上に空気中の水分を除湿してしまうので、空気中の水分は冬の外気と同じ程度まで下がってしまうことになります。

また、肌の表面に汗をかいた状態でエアコンや扇風機の風に当たると、汗は気化して蒸発していきます。その際、肌の表面だけでなく内側の水分まで蒸発してしまうことが分かっています。

春・夏のシーズンにも乾燥肌が改善しない原因は、そこにあったのです。

エアコンによる乾燥肌を防ぐには?

乾燥肌にエアコンが大きな影響を与えていることは分かっても、職場や電車内ではエアコンを止めるわけにもいきません。自分で出来る対処法をしっかりとすることで、エアコンのある環境に負けないようにすることが大切です。

・乾燥を感じたらケアを

エアコンの動いている環境で、肌の乾燥を感じたら応急処置をしましょう。化粧水と乳液を混ぜたものを乾燥している部分に塗る、というのが手軽に出来る乾燥対策です。

顔用のミスとローションなども効果的ですが、ローションで水分を補うだけでなく、乳液やオイルなどで水分が逃げないように保護することをお忘れなく。

・こまめな水分補給

肌表面を保護することも大切ですが、体内の水分量もしっかりと保っておくことが大切です。体内の水分量が減ると、血液の水分量が減り、肌表面に届けられる水分が減ってしまいます。

こまめに水を飲む習慣を身につけましょう。

・加湿器を利用する

職場でデスクワークをメインにしている方であれば、机上に加湿器を置くと過度の乾燥状態にはならずに済みます。USBや電源を利用するものもありますが、職場の電気を私用に使うのは良くないですよね。

電池式で水を入れたコップに差し込むだけのものや、ひだ状になった紙を濡らしたものを開いて置くだけのもの、などが手軽に入手できますので、それらを利用して顔周りの乾燥対策に利用してください。