Dprogram

日本が誇る大手化粧品メーカーの一つ、資生堂。日本を訪れる海外の方も「日本の化粧品がいい」と買っていかれる姿が見られます。

そんな資生堂から、肌タイプに合わせて使い分けできる「dプログラム」が発売されています。一般的には「さっぱり」と「しっとり」というタイプ分けが主流ですが、dプログラムはなんと4つのタイプに分かれています。

dプログラムの特徴について、詳しくご紹介します。また、実際の愛用者の感想・口コミも合わせて紹介します。

資生堂 dプログラムの特徴は?

季節の変わり目や生理前後になると、「いつもと化粧ノリがちがうなぁ」とか「肌荒れが・・・」という状態になりませんか?女性が悩みがちな、そんな状態を「ときどき敏感肌」と命名、ときどき美観肌を防ぐために肌を守り、育てていく・・・そんな思いで誕生したのがdプログラムの製品達です。

肌を美しくするために肌のバリア機能を整え、育てる。そのために配合されているのが「H-スタビライジングA」という成分です。これは、エリスリトールとグリセリンという保湿力のある成分で、各層をキレイな状態に整えて、肌自身のバリア機能をアップしてくれる効果があります。

dプログラム最大の特徴が、肌タイプに合わせて4つの製品が用意されていることではないでしょうか。

  • アンバランスな肌
  • ニキビができやすい肌
  • 乾燥しがちな肌
  • 年齢を感じ始めた肌

の4タイプから選べるので、自分の肌の状態に合わせて最適なものを選ぶことができます。

資生堂のHPから、自分の肌がどのタイプにあっているのかを知ることができるので、「どれを選べばいいか分からない」ということもありません。

dプログラムの口コミ・評判を知りたい!

では、実際にdプログラムを使っている方は、どのような感想をもっているのでしょうか。

  • 混合肌ですが、dプログラムを使用して約10日で格段にニキビの数が減りました!大きなボツボツが減っただけで大満足ですが、ニキビ跡も消えるまで使い続けたいです。
  • 匂いもなく使いやすいです。透明度も高く、見た目は水のようですが、ハンドプレスすることで肌に浸透しモチモチの肌になります。
  • とてもさっぱりした使い心地ですが、乾燥が悪化することもなかったのでしっかりと保湿されていると思います。
  • 浸透力があり潤います。頬の毛穴が気になる部分には重ねづけして使っています。
  • 肌のトーンが明るくなった気がします。吹き出物がある時に使っても刺激は感じず、悪化することもありませんでした。