ココナッツオイル

乾燥肌でかゆみやトラブルが気になるという方、多いと思います。色々な化粧品が出回っていますが、今注目度が高まっている「ココナッツオイル」をご紹介したいと思います。

顔だけでなく全身・髪にも使えますし、天然素材のものですから安心です。

ココナッツオイルの選び方

ココナッツオイルは大きく分けて2種類があります。

・バージンココナッツオイル

ココナッツを非加熱・無精製で抽出したオイルがバージンココナッツオイルです。化学物質や防腐剤が含まれていないので、安心して使えます。

・精製ココナッツオイル

ココナッツを高温で精製し、脱臭工程を経て作られています。漂白と加熱を行なっているため、ココナッツ独特の色や匂いが抑えられています。不純物が取り除かれている分、バージンココナッツオイルよりも低刺激です。

初めてココナッツオイルを使うと言う方は、より低刺激で匂いも気にならない精製ココナッツオイルを使われるのが良いでしょう。

どちらのココナッツオイルも25℃くらいの温度を境に、低温であれば固形・高温であれば液体の状態に変化します。固形の状態のココナッツオイルをスプーンなどで手に取り、体温で温めて液体にしてから使うのがポイントです。

ココナッツオイルの使用方法と効果

ココナッツオイルはそのまま食事として摂取する方法と
スキンケアに利用する方法があります。

食べる、飲む

食べる・飲むことで体の中にココナッツオイルを取り入れることで、

  • 免疫力が高まる
  • 抗酸化作用で肌が美しくなる
  • 豊富なビタミンEで肌機能が高まる
  • 代謝力がアップする

などの効果があると言われています。

精製したものは匂いもないため、コーヒーや味噌汁・サラダのドレッシングなど色々な料理に活用することが出来ます。

スキンケア

1)顔

メイク落としとして利用できますし、洗顔後の保湿オイルとしても利用が出来ます。今使われている化粧水や乳液に混ぜて肌に塗ると簡単です。

2)全身

入浴後の濡れた肌にココナッツオイルをマッサージしながら塗ります。肌の乾燥を防ぐだけでなく、血行促進にも効果があるのでオススメです。全身に使用するのがためらわれる方は、乾燥・カサカサが気になる部分だけ(ヒジやヒザ)でもOKです。

3)髪

半乾き状態の髪に、少量のココナッツオイルを全体的に馴染ませてブローします。乾燥して広がりがちな髪が、まとまるようになります。

髪の傷みが激しい場合は、入浴時に湿らせた髪にココナッツオイルを馴染ませて蒸しタオルで巻いてしばらく置いておきましょう。後はいつも通りシャンプーとトリートメントすればOKです。しっとりした仕上がりになるので、冬の静電気も気にならなくなります。シャンプー前に頭皮のマッサージを行なうと、血行が良くなります。