朝の洗顔

朝の洗顔時、洗顔料を使って顔を洗っていますか?朝も夜もしっかりと洗顔をしている方、夜はしっかり・朝は水だけという方、いろいろあると思います。

半分寝ぼけながら洗顔している方もいるかもしれませんが、乾燥肌を悪化させないためには、朝の洗顔を見直すことが大切だということが分かりました。

朝の洗顔に洗顔料は必要?

夜、入浴時に洗顔料を使って洗顔をする方が多いと思います。そこから一晩寝るだけではあまり顔は汚れない気がします。一体、一晩で肌の汚れはどれくらいたまっているのでしょうか。

実は就寝中にも皮脂が分泌されていて、時間が経つと酸化してしまいます。参加した皮脂はニキビなどの肌トラブルの原因となってしまうと言われています。

また、布団やまくらについているホコリやハウスダストの汚れも付きますし、ダニの影響も受けています。

それらの汚れを考えると、朝の洗顔でも洗顔料は必要に思えますね。

乾燥がひどい場合は夜のみ洗顔料を使う

寝ている間にも肌が汚れることが分かりました。しかし、乾燥がひどい状態で洗顔料を使った洗顔をすると、必要な皮脂まで取り除いてしまうことになり、肌の状態が悪化してしまう可能性が高くなります。

乾燥がひどい場合は、ぬるま湯ですすぐだけにしておきましょう。

皮脂の分泌が多く洗顔料を使用する場合は、洗顔料をしっかりとあわ立てて指の腹で優しく洗うことを心がけましょう。強い摩擦は肌にとって強い負担となってしまいます。ゴシゴシ洗いは禁物です。(混合肌の方は、皮脂の気になる部分だけを洗う「部分洗い」がオススメです)

すすぎには冷たい水・熱めのお湯は使わず、32〜36℃程度のぬるま湯を使います。手早く済ませることも乾燥を防ぐポイントです。

朝の洗顔に使う洗顔料は、洗浄力の弱いものを使いましょう。夜の洗顔とは違いメイクなどを落とす必要はなく、就寝中についた汚れを落とすだけのものです。

肌が敏感な方は特に、香料や添加物の入っていない天然由来の洗顔石鹸を選ぶと肌への負担が軽減できます。

洗顔後のお手入れ方法は?

洗顔後は肌の水分があっという間に奪われていきます。ですから、洗顔後は素早く保湿をするようにしましょう。タイムリミットは洗顔後10分です。

化粧水・乳液も洗顔料と同じように香料・添加物の入っていないものを選ぶようにしましょう。手のひらに乗せたらしばらく体温で温めて手のひらに広げ、そっと肌に押し当てるようになじませます。

化粧水・乳液が終わったら、低刺激のクリームを塗りましょう。クリームで肌に蓋をすることによって、化粧水と乳液が蒸発するのを防ぐことが出来ます。