乾燥肌 洗い方

洗顔には気をつけているけれど、体は大胆にゴシゴシこすって洗うという方が多いのではないでしょうか。ナイロンタオルで毎日ゴシゴシと身体を洗っていると、乾燥肌に悪いだけではなく普通肌の方でも肌を傷めてしまう原因となってしまいます。

体に優しい体の洗い方をご紹介しますので、ぜひ今日から実践してみてください。特に乾燥肌の方は必見!です。体は毎日洗わなくてもOK!

体の表面には、その日についた汚れや匂いの元となる菌もありますが、肌を守ってくれる菌もあります。毎日、ゴシゴシと体を洗っていては肌を守るための菌も失ってしまう原因となってしまうのです。

体に付いた汚れや皮脂は石鹸でないと落とせませんが、汗ならお湯で洗い流すことが出来ます。ひどい汚れでない限り、毎日ゴシゴシと体を洗う必要はないのです。

ただし、背中・おへそ・脇の下・陰部・足(指の間・足の裏)などは皮脂が多く汚れやすい場所です。ゴシゴシする必要はありませんが、石鹸で洗うようにしたい部分です。

普通肌の方で2〜3日に一度、敏感肌の方は3〜4日に一度だけ石鹸で体を洗うようにしてみませんか?それだけで、肌の感じが変わります。

体に優しい石鹸・ボディソープの選び方

体を洗うために使っている石鹸・ボディソープには「アルカリ性」や「弱酸性」などの種類があります。違いはどこにあるのでしょうか。

  • アルカリ性:洗浄力が高いが、肌への刺激も強い。
  • 弱酸性:肌への刺激が弱いが、洗浄力も弱い。

人の肌は「弱酸性」です。肌と同じ弱酸性の石鹸・ボディソープを使うことで、肌への刺激を抑えることができます。

また、ポンプタイプのボディソープは1回の使用量が多くなってしまいがちです。石鹸の量が増えると、すすぎ残しなどが起こり乾燥肌の原因となってしまいます。

洗いすぎ・すすぎ残しを防ぐためにも固形タイプの石鹸がオススメです。

洗い方のポイントは、たっぷりの泡でやさしく手洗い

肌に刺激を少なくする洗い方のコツとしては「たっぷりの泡で手洗いをする」ということがあります。

泡立てボールに石鹸・ボディソープをつけて、きめ細かな泡をたっぷりと作りましょう。その泡を手にとって、体を洗っていきます。

泡が足りなくなったら泡立てボールで泡を追加しながら、全身を洗いましょう。

手の届かない部分はタオルを使いますが、ナイロンタオルはNGです。絹・コットン・綿などの天然素材のタオルで洗うのがポイントです。

泡で全身を洗い終えたら、すすぎ残しがないようにしっかりと泡を洗い流します。