秋、冬になると肌がカサカサになり突っ張ってしまう・・・。

fotolia_87618629_subscription_monthly_m

特に30代になってから

  • 肌の潤いがなくなった
  • 化粧ノリも悪くなった

もし、そんなことを感じているとしたら、多分それは乾燥肌が原因です。

私も若い頃から乾燥肌で悩まされてきて、健康な肌の人が羨ましくてしょうがありませんでした。下地を塗ると頬の皮が向けたようになってしまったり、化粧水を付けた後もヒリヒリしてしまうほど超乾燥肌なのです。

fotolia_113875974_subscription_monthly_m

乾燥肌は肌の水分や油分が足りない状態になっているので保湿成分を化粧水で補う必要があるのです。乾燥肌をそのままにしておくとシミやシワが増えて、老けてしまいます。

私も色々な人に聞いたり、ネットで調べたり、ありとあらゆる乾燥肌用の化粧水を挑戦してきました。

その中でも口コミでも話題で、実際に使ってみてよかった、おすすめの乾燥肌化粧水ランキング形式で紹介していきますね。

中々乾燥肌が良くならないという方は化粧水が肌に合ってない可能性がありますので、まずは自分の肌に適した化粧水を見つけてみてください。

 

乾燥肌の化粧水ランキング!おすすめの10選はコレ

  • アヤナス

    ay_2101

    ランキング1位はアヤナス。乾燥肌・敏感肌の専門ブランドの化粧水です。ファッション誌や専門サイトでも紹介され続けている有名商品『ディセンシア アヤナス』。

    乾燥肌対策の化粧水をお探しならば、まずは最初に抑えておきたいです。

    2016年に商品がリニューアルし、新しいトライアルセットが話題です。10日間のトライヤルセットから始めることができますので、まずはトライアルセットを体験してみましょう。

    トライアルセットの内容 アヤナス ローション コンセントレート20mL
    アヤナス エッセンス コンセントレート 10g
    アヤナス クリーム コンセントレート9g
    価格 通常価格2,700円(税込み)⇒初回限定1,480円

    >>『アヤナス』のトライアルセットはこちら

  • つつむ

    つつむ

    ランキング2位はつつむ。アトピーや粉が吹いてしまう方でも大丈夫な乾燥肌化粧水。皮膚科医の立会いでモニターテストも行われているので安心ですね。

    トライアルセットではアヤナスRCローションも1回分付いてきますよ。

    価格:1470円

    >>『つつむ』のトライアルセットはこちら

  • ヒフミド

    ヒフミド

    ランキング3位はヒフミド。1日中潤うために、長時間うるおいをキープするために、保湿力3倍のヒト型セラミドが配合されている乾燥肌化粧水『ヒフミド』。

    クレンジング・ソープ・エッセンスローション・エッセンスクリーム・UVプロテクトベース、全て合わせてたったの980円で利用できるトライアルセットが人気です。

    価格:980円

    >>ヒフミドのトライアルセットはこちら

  • 米肌

    米肌

    ランキング4位はお米から作られたライスパワーNo.11を配合した乾燥肌化粧水『米肌』。ライスパワーNo.11が角質のおくまで浸透し、水分保持機能を改善し、肌全体に潤いを創り出します。低刺激の化粧水です。

    価格:1500円

    >>『米肌』のトライアルセットはこちら

  • ライスフォース

    ライスフォース

    ランキング5位はセレブ御用達のスパにも用意されている乾燥肌化粧水『ライスフォース』、世界中で愛用されていて、女優・モデル・タレントさんが選ぶのには訳があります。保湿だけではなく美白や紫外線対策まで行えるので、乾燥肌ならこのライスフォースだけで十分です。

    プラス500円でトライアルキットスペシャル5点セットが今なら80%OFFです。

    価格:900円

    >>ライスフォースのトライアルセットはこちら

※只今記事をリニューアル中です。

乾燥肌の化粧水の選び方!4つのポイントとは?

乾燥肌用化粧水といっても種類が多いし選び方がわからない・・・。そんなあなたへ化粧水を選ぶときのポイントを解説していきますね。

  • 保湿効果の高い乾燥肌用化粧水を選ぶこと
  • セラミドが配合されている化粧水を選ぶこと
  • 有効成分が含まれている化粧水を選ぶこと
  • 肌に刺激を与える成分が含まれていない化粧水を選ぶこと

乾燥肌の方が化粧水を選ぶ際には、この4点を意識してみてください。

保湿効果の高い乾燥肌用化粧水を選ぶこと

化粧水の中にはエイジングケア様、美白様など色々とありますが、一番大事なのは保湿力です。

値段が高ければ良い、などと価格だけで判断するのではなく、しっとりタイプのモチモチうるおいを蓄える化粧水を選ぶようにしてみてください。

保湿を中心に考えつつ、エイジングケアなどの効果もプラスαで考えていくと良いです。

セラミドが配合されている化粧水を選ぶこと

乾燥肌の方が化粧水を選ぶ際には、セラミドが多く含まれているものを選ぶようにしてください。セラミドとは細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のことです。

肌に水分を保持するためにはこれら3つの要素が重要になります。

  • 皮脂膜
  • 天然保湿因子 MMF
  • 細胞間脂質(セラミド)

肌の水分保持力は細胞間脂質(セラミド)が80%を占めているのですが、乾燥肌の人はセラミドの量が通常よりも少なく角質層に隙間ができてしまっています。その結果、刺激に対して敏感になり、アレルゲンに晒されやすくなってしまっているのです。

セラミド

重要なのはセラミドを含んだ化粧水で保湿機能を高め、バリア機能を取り戻すことです。バリア機能を高めて、乾燥などの外部からの刺激を減らしていく必要があります。

女性は30代になると皮脂の分泌量が減ってしまい、加齢やストレスなどで天然保湿因子MMFの量も減ってきます。お肌のバリア機能は30代を堺にどんどん低下してしまうので、しっかりと乾燥肌用化粧水で外部から対策をしていく必要があります。

セラミドが沢山含まれている化粧水は乾燥肌化粧水ランキングで紹介していますのでご覧になってみてくださいね。

乾燥肌の化粧水ランキング!おすすめの10選はコレ

有効成分が含まれている化粧水をえらぶこと

ヒアルロン酸

真皮の保湿成分ヒアルロン酸は1gで1L近くの水分保持の保湿効果があるとして、様々な化粧水に配合をされています。しかし、加齢と共にヒアルロン酸の産生能力は低下してしまいます。

保湿力の高さから、ヒアルロン酸は小ジワの予防などの効果も期待でき肌のバリア効果を高めてくれます。

コラーゲン

お肌と言えばコラーゲンというぐらい、皆が効いたことある成分ですよね。コラーゲンってタンパク質なんです。

真皮までは吸収されないものの、水分を抱え込んで保持してくれるので、肌がプルプルになります。

現在はコラーゲンを摂取すると肌の水分量が上昇したり、シワが改善したりする研究結果が出ていますし、敏感肌の方でも安心して利用できる成分です。

エラスチン

エラスチンはコラーゲン同士を結びつけてくれる効果があります。エラスチンが不足してしまうとシミやたるみの原因となってしまいます。ハリのある肌を作るためには必須の成分です。

エラスチンも真皮までは届きませんが、セラミドが一緒に配合されているの化粧水を利用することで水分を逃がさない役割を担ってくれます。

25歳を過ぎると体内で作られなくなっていくので、30代になると乾燥しやすくなってしまうのです。

セラミド

セラミドは保湿のことを語るなら、外せない保湿成分です。セラミドは6種類あるのですが、保湿力に優れているのはセラミド1、2、3 。これらが含まれているものを選びましょう。

セラミドを肌に補給するためには直接セラミド配合の化粧水を利用するしかありません。

ヒアルロン酸やコラーゲンやエラスチンが水分を抱え込んで保持するのに対し、セラミドは水分を挟み込んで保持するので保湿効果は一番高いです。

『乾燥肌の化粧水ランキングなび』ではヒトガタセラミド配合の化粧水を紹介しています。

乾燥肌の化粧水ランキング!おすすめの10選はコレ

肌に刺激を与える成分が含まれていないこと

肌が乾燥しているということは、肌が刺激に弱くなっているということでもあります。気をつけていただきたい成分としては保存料、防腐剤、香料、合成着色料、アルコール

保存料・防腐剤

化粧品を長持ちさせるためには保存料や防腐剤が必要になってきます。防腐剤のパラベンなどは有名ですよね。最近ではフェノキシエタノールという防腐剤も良く使用をされています。

パラベンに反応を起こす人の割合は0.2%ぐらいの割合と言われており、人によって何が悪いかは違うので、自分に合わなかった成分を知ることは重要です。

肌トラブルを起こしてしまった成分がわかればその成分が含まれていないものを選べば大丈夫なケースも多いです。

保存料や防腐剤が含まれていないもののほうが安全ではありますが、3ヶ月以内ぐらいには使い切るようにしないと逆に肌トラブルを起こしてしまう原因となりますので注意してください。

合成着色料・香料・アルコール

合成着色料が含まれてい化粧品は発ガン性を持っているものもあります。肌への刺激も強いので乾燥肌の方には合わないので注意されてください。香料もアレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。

アルコールが含まれているものは乾燥肌の方は利用しないほうがいいケースが多いです。アルコールが蒸発するときに水分を一緒に奪っていしまいますし、アルコールに過敏な方はエタノールが多く配合されている化粧水に反応してしまう可能性があります。

これらの成分が含まれた化粧水は肌に刺激になってしまい乾燥肌が悪化してしまう可能性があります。できるだけ低刺激で無添加の乾燥肌用の化粧水を選びましょう。

 

乾燥肌の化粧水の利用方法

%e4%b9%be%e7%87%a5%e8%82%8c%e5%8c%96%e7%b2%a7%e6%b0%b4%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9

乾燥肌用の化粧水でも、化粧水単体で利用してしまうとどうしても肌は乾燥してしまいます。順番が重要なのですがご存知でしょうか??

まずは洗顔をしますよね。そうしたら洗顔後に化粧水を付けます。

その後の順番が重要で、化粧水→美容液→乳液→保湿クリームの順番でスキンケアをするのが効果的です。

保湿効果のある乾燥肌用化粧水で肌に水分を与えて、乳液で潤いを与えます。それでも乾燥するようでしたら更に保湿力が強い保湿クリームで蓋をしてあげるのが一番です。

化粧水だけだと水分が蒸発してしまうので、化粧水や美容液の効果を乳液や保湿クリームで蓋をして閉じ込めるのです。

結構この順番を間違えてしまう人が多いようなのですが、せっかくの乾燥肌用の化粧水の効果を最大限に活かすためにも、化粧水→美容液→乳液→保湿クリームの順番で利用するようにしてみてください。

BAさんから聞いたおすすめの方法になりますので是非試してみてくださいね。

 

乾燥肌とは?どんな状態なのか?

本来、『皮脂』や『セラミド』によって、肌は自然に水分を保持したり、色々なアレルゲンなどから肌を守るバリア機能ががあるのですが、乾燥肌の方は保湿能力が低下し、バリア機能が弱くなってしまっているんですね。

角質細胞の水分が低下して、肌が外部刺激によるダメージを受けてしまっている状態です。

乾燥肌

その結果、もちもちしている肌ではなく、カサカサな肌に・・・。

  • 洗顔後に肌が突っ張ってしまう
  • 化粧ノリが悪い
  • 白い粉を吹いてしまう
  • ちょっとした刺激で荒れてしまう

どれか1つでも当てはまるようでしたら乾燥肌を疑ってみてください。

特に30代以降はシワやシミに敏感になる年齢です。小ジワやくすみを増やさないためにも、しっかりと自分にあった乾燥肌用の化粧水でスキンケアをしていきましょう。

 

乾燥肌の原因と改善方法

乾燥肌 原因

乾燥肌の原因となっているものは、

  • 間違ったスキンケア
  • 生活習慣
  • 食事

こういったものに影響があると言われています。完全に乾燥肌を改善するためには対処療法だけではなく、生活から改めていく必要があります。

もちろん冬になるとどんな人でも乾燥しやすくなってしまうので、そんなときはしっかりと保湿をして肌をケアしてくださいね。

間違ったスキンケアを見直す

乾燥肌 スキンケア

間違ったスキンケアをしてしまうことで肌のバリアが弱くなり、ますます乾燥肌が悪化してしまいます。長期的に改善されない方はスキンケア方法を見直していく必要があります。

毎日行う洗顔ですが、洗いすぎてしまうと皮脂まで取ってしまうことになるので、保湿成分が無くなり乾燥肌の原因となってしまいます。ゴシゴシと力を入れ過ぎて洗顔をするのはNGです。

1日に何回も洗浄力が強い洗顔剤を利用している方も多いと思いますが、洗顔が原因で乾燥肌になってしまっている可能性もあります。

洗顔もさっぱりタイプのものではなく、しっとりタイプのもので保湿力が高いものを利用してみてください。

生活習慣を見直す

生活習慣

生活習慣が乱れ睡眠不足やストレスを抱え込むことで皮膚の再生機能に影響が出てしまいます。肌は睡眠中に再生されるので睡眠時間を確保し、健康な肌を取り戻しましょう。ストレスでホルモンバランスが崩れてしまうので、できるだけストレス発散を心がけましょう。

クーラーや暖房の影響も大きいです。暖房の効いた部屋にいすぎることでも肌の水分が取られて乾燥をしてしまいます。かと言って、今の時代どこでも暖房は効いていますので、保湿をしっかりとしていきましょう。

半身浴も体に良いとは言われていますが、長い時間お風呂に浸かってしまうことで皮脂などの保湿成分が流れ落ちてしまいます。入浴は10分以内ぐらいに抑えるほうが効果的です。

食事を見直す

乾燥肌 食事

食生活が乱れてしまっている方は食事も見直しましょう。亜鉛が含まれた食事を取ると皮膚炎の改善に良いと言われています。レバー、たまご、チーズなどは日々の食事に取り入れていきましょう。

ビタミン不足になってしまっている方も多いと思うので野菜や果物もバランスよく食べていくことが重要です。外食ばかりじゃ駄目ですよ。

 

乾燥肌の化粧水で迷ったら『アヤナス ローション コンセントレート』がおすすめ

ay_2101

冬になると色々な敏感肌・乾燥肌対策の化粧水が販売されますが、どれが良いかわからない方はまずはアヤナスローションを試してみることをオススメします。ハリや弾力を実感することができると思いますよ。(旧:アヤナス RCローション)

『世界最高権威の化粧品に関する学会』で6回も最優秀賞を受賞している、ポーラ研究所の乾燥肌の化粧水。口コミで評判が出るのも納得いくはずです。

高い浸透力を持つセラミドが肌の奥まで浸透し、肌の奥まで保湿し、うるおいを与え、乾燥を感じない肌へ導きます。

トライアルセットから始めて見ることをおすすめします。